このページの先頭へ

腰痛は脳が原因だった?事例でわかりやすく解説

腰痛は脳が原因だった?事例でわかりやすく解説

腰痛は脳が原因だった?事例でわかりやすく解説

腰痛,脳,原因

 

 

腰痛って脳も関係あるの?脳を変えれば腰痛も変わるってこと?

 

 

 

 

実は腰痛に対して「脳のリハビリ」を行うことで改善する例が世界各国で報告されています。今までは腰痛は骨や神経の問題と思われていましたが、実は脳にカギがあることがわかったのです。

 

 

腰痛に悩む人の85%は病院でも原因がわからない「腰痛症」と診断されます。お医者さんも「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」など様々な原因を探し出そうとしますが、ほとんどの場合は原因が見当たらないのです。

 

 

このような問題に対して、最近は脳と腰痛の関係に注目が集まるようになりました。実は慢性的な腰痛で悩んでいる方の多くは、脳が腰痛に対して過剰な反応をして不安を感じていることが分かったのです。例をあげると以下のような感じです。

 

 

  • 痛みがどんどん強くなりそうだ
  • もう腰痛は治らないかもしれない
  • また痛くなったらどうしよう
  • 今日も痛みで憂鬱だ
  • 腰痛と一生付き合わなければいけないのか

 

 

さらにこのように不安を感じると脳が痛みを記憶して痛みの鎮痛作用までなくなってしまいます。するとさらに痛みが悪化して不安がつのるという痛みの悪循環に陥るのです。

 

 

痛みと脳の関係について詳しく知りたい方は以下の動画を参考にどうぞ。

 

 

 

 

ではこのような脳が原因となって感じる腰痛にはどう対処すれば良いのでしょうか?それは不安に対処していくということです。特に以下の方法はおすすめです。

 

 

  • 腰を動かす
  • 心配しない
  • 趣味を楽しむ

 

 

腰を動かす

腰痛の人は「腰を動かしてはいけない」と思っています。腰の痛みが出そうだからと腰をかばうのです。しかしこれは腰痛に対する不安が高まるため逆効果です。

 

 

脳は「痛みが出そうだ・・・」や「痛みが出ないようにしないといけない・・・」と考えるとその思考を実現しようとする性質があります。たとえば、幻肢痛という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

幻肢痛とは事故で腕を失った方が、事故後にすでにないはずの腕が痛いと訴える症状のことです。脳が腕はあると思い込んでいたり、腕がないという現実を受け入れられない場合、ないはずの腕に痛みを感じるのです。

 

 

腰痛,脳,原因

 

 

腰痛も同じで脳が不安を感じて痛みを作り出すことがあります。さらに最新の研究によって慢性腰痛の人は健康な人と比べ脳の背外側前頭前野(DLPFC)という痛みを制御する場所の体積が極端に減り、活動が衰えていることが分かってきました

 

 

このように痛みに対して不安を感じると科学的にも脳が変化して痛みが習慣化してしまいます。そのため、痛みを長引かせないためには腰を動かして大丈夫だという安心感を感じる必要があるのです。

 

 

病院でも現在はぎっくり腰の場合も2日目以降は動かして腰に関する不安を取り除くことが大切とされています。腰痛に関して腰を動かさないようにしている方はゆっくりでかまいませんので動かすようにしましょう。

 

 

心配しない

心配しないというのは腰だけでなく生活全般について言えます。たとえば、職場の人間関係に不安を抱えていたり、将来に不安を抱えている人は腰痛が起こりやすくなります。強い不安は腰の筋肉を緊張させ、脳の性質まで変えてしまうからです。

 

 

心配をしないためには考え方を変えていくことが効果的です。認知行動療法など考え方を変えることで腰痛を緩和していく治療法も海外では一般的になっています。(日本ではまだスタンダードではありません。)

 

 

心配しないための考え方について興味がある方は腰痛が起こる本当の原因は?考え方から変える腰痛対策を参考にどうぞ♪特に心配性の方には気持ちの持ち方を変えるきっかけになれると思いますよ♪

 

 

趣味を楽しむ

人は2つの感情を同時に感じることはできません。不安を感じながら喜びを感じることはできませんし、楽しさを感じながら心配と感じることもできません。喜びを感じたすぐ後に不安を感じることはありますが、2つの感情を同時に感じることはできないのです。

 

 

ですから、自分にとって趣味など好きなことを楽しむことは大切です。趣味を楽しんでいるときは不安を感じることはないので、腰痛のことも忘れてしまうからです

 

 

たとえば、あなたが気の合う大好きな友達とおしゃべりをしているときを考えるとわかりやすいです。おしゃべりに夢中になって腰の痛みも感じていないのではないでしょうか?

 

 

私たちの脳は何かに夢中になったり没頭しているときは不安を感じることはできないのです。ですから、趣味や好きなことを楽しむことは不安から離れるために効果的です。

 

 

 

腰痛,脳,原因

 

 

腰痛は不安や心配事が変わると本当に変わるの

 

 

 

 

では腰痛が変わるというイメージがしやすいように、具体的な事例を出しますね。私が腰痛改善教室で教えている生徒さんの中には不安を変えることで腰痛が変わる人がたくさんいます

 

 

慢性的な腰痛に悩んでいる方はほとんどといってよいほど腰痛に対して不安を抱えています。先ほど説明したような不安を持っているのです。私の腰痛改善教室に通う方も腰痛に関して漠然とした不安を抱えています。

 

 

そのような方には、まず腰痛が不安や心配と関係があることを説明し、安心してもらうことが先決です。「85%の腰痛は原因がわかりませんが、それは大した原因がないということであって良いことなのです。15%の腰痛は原因がはっきりした腰痛で対策が必要ですが、原因が見つからないといことは重くないということなのでしっかりと対策すれば治りますよ。」と説明して安心してもらいます。

 

 

そして、実際に痛みが出ない動作の仕方を獲得すると不安もなくなって痛みが改善していきます。腰痛に不安を持っている方は動作も独特で身体の使い方も腰を痛めやすいため、動作の指導は細かく感覚を伝えることになりますが、楽に動かせるようになると痛みは出ないのです。詳しくは腰痛改善体操はやり方が大切!腰痛体操で腰が痛くなる人必見!を参考にどうぞ♪

 

 

このように腰痛は不安と動作の仕方にアプローチすることでかなり緩和されます。痛みがなくなったというよりも、痛みが気にならなくなる人が多いのです。実際に腰痛を緩和するためのアプローチは個別で異なるので細かくお伝えすることはできませんが、脳と身体にアプローチすることで腰痛は変わっていくのですね。

 

 

脳にアプローチすることで腰痛が解決した事例

私の腰痛改善教室でも脳にアプローチすることで腰痛が驚くほど改善した人がいます。

 

 

50代の男性の方で椎間板ヘルニア持ちの方がいました。30代でヘルニアになってからは腰痛がひどく、年に2回ぎっくり腰になることもあるとのことでした。特に朝起きた時は痛みですぐに動くことはできずに、何をやるにしても腰と相談しなければならないと嘆いていました。

 

 

彼は腰に対して強い不安を抱えており、「ヘルニアになったから痛みは取れない」や「お医者さんにも痛みと付き合うしかないから動かさないように言われている」、「このまま歳を取ったら痛くて歩けなくなるんじゃないかと思う」や「朝起きたら腰の痛みで起き上がれなくなるかと不安」と話していました。

 

 

しまいには「腰から下を切って捨てたいと思うことがある」とまで話しており、腰痛に対してかなりの不安を抱えていました。彼の主治医は不安をあおって解決策を提示しない典型的な悪いお医者さんでしたが、何よりもこの不安を取り除くことが先でした

 

 

そこで私は椎間板ヘルニアは手術をしなくても半年では治ることを説明しました。白血球の一種「マクロファージ」が飛び出たヘルニアを食べてくれるため、半年以内にヘルニアは消えてしまうのです。詳しくは腰痛解決の新常識!ためしてガッテンをまとめてわかった最新腰痛治療を参考にどうぞ♪

 

 

だから今の腰の痛みとヘルニアは関係ないと伝えました。する彼も「確かに病院では今ヘルニアがあるとは言われていませんね。」と話していました。

 

 

そこでヘルニアに関する誤解を解いた後は身体を動かしても大丈夫ということを体験してもらいました。腰が痛い人は腰の筋肉の緊張が高く、腰ばかり動かして余計に痛みを感じやすい身体の使い方をします。それを股関節で動かして痛みが出ない動作をつかんでいくのです。最初は腰に痛みが出るんじゃないかという不安から体中が緊張してぎこちない動作でした。

 

 

このような不安を感じながら動かす動作では本当に痛みが出ます。ですからそこを少しずつ修正して無駄な力みのないスムーズな動作を練習してもらいます。身体を楽に動かすと腰の痛みが出ないことを体験できるようになると、動作は少しずつスムーズになってきます。

 

 

そして、腰の痛みが出ないとわかると動作はさらにスムーズになります。これが動作のスムーズ循環です(実際にはそんな名前はありません(笑))。

 

 

ただし、ここで注意が必要なのはほとんどの場合、痛みが楽になっていた方も一度は痛みがぶり返すということです。彼の場合もそうでした。

 

 

腰の痛みが良くなってきたので嬉しくてついつい開脚前屈を練習してしまい、翌日に腰が痛くて動けなくなったのでした。これは開脚前屈で身体をぐいぐい曲げることによって腰の力みが強くなったのが原因です。つまり不安から来る腰痛というよりも無理をし過ぎた腰痛です。

 

 

このようなことは腰痛持ちの方が良くなっていく過程でほぼ起こります。まるで自分の潜在意識が腰痛を手放すのを嫌うかのように起こるのです。ここで大切なのが「やっぱり腰痛は変わらないんだ・・・」と前の状態に戻ることではなく、それでも自分の身体を信じて痛みと向き合うということです

 

 

彼も「痛みが良くなって無理をし過ぎた。やっぱり無理をしない方がいいのかも。」と話されていました。そこで私は今回の腰痛と今までの腰痛は内容が全く異なると伝えました。

 

 

今までは不安から脳で作った腰痛です。今回は脳ではなく身体が無理をして炎症を起こしたいわばぎっくり腰のような身体的な腰痛です。だから、腰は無理をしない方が良いのではなくて、動かしても大丈夫です。大切なのは動かし方であり、正しい動かし方であれば腰痛は起こらないのです。と伝えました。

 

 

その後、彼は少しずつ痛みが出ないような動きをつかんでいきました。ここでポイントなるのは「痛みは変わる」や「自分はきっと大丈夫。」という気持ちがあれば、自分で工夫をして良くなっていくということです。ですから、大切なのは最初に心の在り方が変わっていくことです。

 

 

最終的に彼は痛みが出ないような動き方をつかみました。その結果、「腰痛はだいぶ気にならなくなりました。腰が楽になって動くことがすごく楽しくなりました。気持ちが変わったことが一番の変化ですね。」と話されていました。実際には不安と対峙し、不安を手放したのですから気持ちが変わるのは当たり前のように起こることです。

 

 

さらに、「今は痛みが出ても自分で何とかできると思う」とも話していました。そのように感じるようになると自分自身で腰痛を変える力がついた証です。

 

 

腰痛には脳と身体の2つの原因がある

彼の事例をまとめると、腰痛には脳が原因である場合と身体が原因である場合があります

 

 

身体に問題がある場合は病院に行くと原因を調べることができます。椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、ぎっくり腰などそれなりの原因が見つかり、対処法もあります。

 

 

しかし、ほとんど腰痛は原因がわからない非特異的な腰痛です。その場合は脳に原因があることもあるため、不安にアプローチしなければならないこともあるのです。また、この不安も腰痛に関する不安の場合もあれば、職場の人間関係や人生の悩みなど人それぞれです。

 

 

ですから、慢性的な腰痛で悩んでいる方は、一度身体ではなく自分の腰痛に対する不安や考え方を振り返ってみることがおすすめです。

 

 

詳しくは腰痛が起こる本当の原因は?考え方から変える腰痛対策を参考にどうぞ♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

腰痛対策におすすめの3つの方法!

朝起きる時に腰が痛い人の原因と治し方

 

人気記事ベスト5