このページの先頭へ

睡眠時に腰痛コルセットを着用しても良いの?

睡眠時に腰痛コルセットを着用しても良いの?

睡眠時に腰痛コルセットを着用しても良いの?

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

腰痛コルセットをつけると腰がすごく楽になるんだけど、睡眠時もつけた方がいいの

 

 

 

 

基本的には睡眠時はコルセットを外した方が良いです♪

 

 

ぎっくり腰や腰椎ヘルニア、坐骨神経痛に脊柱管狭窄症など腰の痛みが強くなると腰痛コルセットをすすめられることがあります。

 

 

腰痛コルセットは立ったリ座っているときに、腰の部分を固定する(腹圧を高める)ことで腰部の筋肉の過度な緊張を抑える働きがあります。そのため、立ったリ座ったりしているときは腰が安定して楽になります。

 

 

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

しかし、睡眠時は基本的に腰を支える必要がないため、腰痛コルセットはあまり意味がありません。また、コルセットを着けたまま寝てしまうと3つのデメリットがあります。

 

 

  • 寝返りが妨げられる
  • お腹を締め付けて血行が悪くなる
  • 暑苦しくて眠りにくい

 

 

寝返りが妨げられる

コルセットを着用すると、寝返りの時に大切な身体のひねりが行えなくなります。そのため、身体は血流が停滞しやすくなり、余計にこわばって筋肉の緊張も高くなってしまいます。

 

 

寝返りは腰痛とも関係があることがわかっているため、スムーズな寝返りを行うことが腰痛改善にも大切です。寝返りと腰痛の関係に興味がある方は『寝返りの驚きの効果!高反発マットレスと寝返り体操で腰痛改善♪』を参考にどうぞ♪

 

 

お腹を締め付けて血行が悪くなる

コルセットでお腹を締め付けると、血行が悪くなってしまいます。血流の停滞は冷え性の原因や疲れが取れにくくなる原因にもなります。

 

 

ちなみに靴下を履いたまま寝ると、同じように足先の血行が悪くなって冷え性になりやすいですよ!

 

 

暑苦しくて眠りにくい

眠るときにお腹周りをしっかり固定されると、暑苦しくて眠りにくくなります。特に夏場はコルセットを付けると蒸れて睡眠の質まで下がります・・・。

 

 

このような理由から基本的にはコルセットを着用して眠ることはおすすめしません。しかし、例外もあります。特に以下のような人は、寝ているときもコルセットを着用する方が良いです。

 

 

  • 腰椎圧迫骨折の方
  • 肋骨が折れている方
  • 胸や腰の部分を手術して間もない方
  • 腰痛が強すぎてコルセットがないと不安な方

 

 

特に腰の部分の骨に異常がある方は、骨がくっつくまではコルセット着用が必須です。圧迫骨折や肋骨骨折では寝返りの際に骨がズレたり、骨折がひどくなることがあるからです。胸や腰の手術をして間もない方も傷口が開くと大変ですのでコルセットは必要です。

 

 

また、腰痛が強すぎてコルセットがないと不安な方も着用した方が良いです。

 

 

たとえば、ぎっくり腰で腰を動かすのが怖いという方や咳が続いていて腰に負担がかかるのが心配という方は着用した方が安心できるので腰痛も改善しやすくなります。

 

 

 

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

コルセットは着けっぱなしでもいいの

 

 

 

 

昼も夜もつけっぱなしは良くないです。コルセットを付けたままにすると、次第にコルセットなしの生活が不安になってきます。常にコルセットを付けないと腰が痛くなるような気になってしまい、本当に痛くなります・・・

 

 

よく、コルセットを着用し続けると筋力が低下するから良くないと言われていますが、最近の研究の中には筋力はほとんど低下しないというものもあります。ただ、腹筋や背筋で支えている腰をコルセットで固定するので、私は少なからず筋力の低下は起こると思っています。いろいろな説があります(笑)。

 

 

問題は、腰の部分を動かさないことで腰回りの動きがどんどん硬くなってしまうことです。

 

 

腰痛の多くは腰の筋肉の緊張から起こりますので、動きが硬くなると腰痛の悪化は避けられません。また、筋肉の緊張によって姿勢が歪み、歪むことでさらに筋肉の緊張が強くなっていくことも腰痛が悪化する原因となります。

 

 

ですから、コルセットに頼りっきりになると、自分で姿勢を整える力が弱くなってしまいます。そのような意味でも、コルセットはやはり外出時や痛みが強いときに着用し、普段は外しておくのがおすすめです。

 

 

最も良いのはコルセットに頼らないでも腰の痛みがなくなっていくことですからね♪

 

 

 

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

腰痛コルセットに頼らなくなるためにはどうしたらいいの

 

 

 

 

インナーマッスルと呼ばれる身体の深層筋や体幹筋を鍛えることで、自然のコルセットを作ることができますよ♪

 

 

腹横筋、骨盤底筋、背筋、腹筋などを鍛えることで自然のコルセットを作って腰痛自体がなくなっていきます♪

 

 

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

おすすめの運動としては以下の動画を参考にすると良いです(4分30秒)♪体幹筋が鍛えられると自然と腰痛も和らいできますよ♪

 

 

 

 

また、体幹筋を鍛えるためには腹式呼吸もおすすめです♪腹式呼吸はインナーマッスルを鍛えるだけでなく、リラックスしたり睡眠の質が高まるなどいいことずくめです♪寝る前の習慣に取り入れてみてくださいね♪

 

 

腹式呼吸は以下の動画を参考にどうぞ(4分37秒)♪コツはお腹を意識して気持ちよく行うことですよ♪

 

 

 

 

コルセットを付けないと腰の痛みが出そうで不安という方は、少しずつで構いませんので体幹筋を鍛えたり、腹式呼吸を生活の中に取り入れてみてくださいね♪

 

 

睡眠,腰痛コルセット,着用

 

 

朝起きた時に腰が痛いけどどうしたらいいの?

 

 

 

 

朝起きた時の腰の痛みは、寝ているときの姿勢に原因があります。腰の反りや腰の曲がりは寝起きのダルさや睡眠の質の低下につながります。

 

 

夜にもコルセットを着けて寝たいという方は、朝起きた時も腰が痛いと言う方が多いです。腰痛がひどくなると腰の痛みで夜中に目が覚めてしまうこともありますし、眠りも浅くなってしまいます。

 

 

そのような方は、寝ているときも無意識のうちに腰が緊張している場合があります。畳の上など硬いところで仰向けになると、腰が反って浮いている方が多いです。腰が浮いている場合は、腰枕をせずに股関節の体操などを行った方が良いですよ。

 

 

朝起きた時に腰が痛い場合の対策は『朝起きる時に腰が痛い人の原因と治し方は?』を参考にどうぞ!

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレスはベットマットレスに重ねても大丈夫?

折りたたみマットレスはおすすめ?

腰痛解決の新常識♪ためしてガッテンまとめ

 

 

人気記事ベスト5