このページの先頭へ

腰痛が起こったら冷やすべき?温めるべき?腰痛対策

腰痛が起こったら冷やすべき?温めるべき?腰痛対策

腰痛が起こったら冷やすべき?温めるべき?腰痛対策

 

 

 

腰痛が起こると、『冷やした方が良い』や『温めた方が良い』などいろいろな対策方法があります。では、実際に腰痛に対しては、どのように対策したらよいのでしょうか?

 

 

 

腰痛,冷やす,温める,腰痛対策

 

 

Q それで、冷やすのと温めるのは
            どっちが良いの?

 

 

 

 

 

実は両方とも大切です♪
腰痛持ちにとって、腰を冷やすにせよ、温めるにせよ使い方が良ければ、ある程度の効果はあります。逆に使い方が悪ければ、悪化することも考えられるので注意が必要です。

 

 

では、冷やした方が良いときと温めた方が良いときはどう違うのでしょうか?

 

 

冷やした方が良いとき

・患部(腰)が熱を持っているとき
・急に痛くなるなど、腰に炎症が起こっているとき
・腰に打撲や衝撃を受けたとき

 

 

温めた方が良いとき

・慢性的な腰痛
・腰が冷えているとき
・腰が硬くこわばっているとき

 

 

基本的には、腰が熱を持っているときは冷やし冷えているときは温めるということが大切です♪ですから、急性の腰痛などは、腰の筋肉が炎症して熱を持つため、冷やす方が良いです。逆に慢性的な腰痛は、腰の筋肉が慢性的に緊張するため血行が悪くなり、冷えやすくなりますので温める方が良いのです♪

 

 

 

 

腰痛,冷やす,温める,腰痛対策

 

 

Q 冷やしたり温めることで
          どんな効果があるの?

 

 

 

 

 

腰痛対策として腰を冷やしたり、温めたりするのは以下の効果があります。

 

 

冷やす

  • 炎症による痛みを抑える
  • 炎症によるハレを抑える
  • 出血がある場合は止血効果がある

 

 

温める

  • 痛みが和らぐ
  • 血行が良くなる
  • 疲労が回復する

 

 

腰を冷やす効果は?

「冷やす」ことによって起こる効果は、身体の活動を抑制するという意味があります。つまり、血液の流れを抑制したり、神経(痛み)の活動を抑制したり、細胞レベルでも活動を抑制させるのです。

 

 

そのため、打撲している場合は痛み(神経の抑制)が緩和出来たり、ハレの進行速度が抑制されます。また、流血している場合は止血の効果もあります。

 

 

ですから、急激な腰痛や痛みがあって、腰が熱を持っている(炎症している)場合は、冷やした方が良くなります♪急性期の傷害では、炎症を抑えることが最も大切です。腰を冷やすことで、ハレや痛みを抑制して回復を早めることができるのです♪

 

 

腰を温める効果は?

「温める」ことによって起こる効果は、身体の活動を活発にするという意味があります。つまり、血液の流れが良くなり、神経の活動や細胞レベルでの活動も活発になります。血流が良くなることで、疲労物質や疼痛物質もスムーズに流れ、疲労を回復させる効果もあります。

 

 

そのため、特に慢性期の腰痛は温めることが中心となります。腰痛となって病院に行くと、温かいタオルのようなもので腰を温めてくれます(ホットパック)。これは、温めることによって痛みの緩和を図ったものなのです。

 

 

腰痛,冷やす,温める,腰痛対策

 

 

また、身体を温めるということは、熱いシャワーを浴びたり、湯船につかることでも対応できます♪湯船につかった後は、腰痛も軽くなるという方がいますが、それは身体の血流が良くなって、腰の疲労も取れたからなのです♪

 

 

 

 

腰痛,冷やす,温める,腰痛対策

 

 

Q じゃあ慢性的な腰痛の場合は
           温めていたら治るの?

 

 

 

 

 

実は、腰痛に関しては温めていたら治るかというとそうでもありません・・・。温めるというのは、対処療法にすぎず、腰痛の根本的な解決にはならないからです。

 

 

詳しくは、腰痛が起こる本当の原因は?腰痛対策の考え方で紹介していますが、腰痛は自分で作っています。

 

 

例えば、腰の筋肉を緊張させるような身体の使い方や考え方が腰痛を引き起こしているのです。そのため、いくら腰を温めても、その時は痛みも和らぎ、スッキリするかもしれませんが、1日立つと元通りになってしまいます。

 

 

実際に病院で使われているホットパックも、腰痛を改善するための科学的な効果は証明されていないのです。ただ、使ったときは腰が温まることによって、痛みを忘れるというくらいのものです・・・。

 

 

腰痛,冷やす,温める,腰痛対策

 

 

では、なぜ病院で使われているのかというと、腰を温めることで、その後のリハビリの効果を高めるためのウォーミングアップを行っているのです。ホットパック自体には、腰痛を改善する効果はないのです。

 

 

ですから、腰を温めるだけで腰痛が治るわけではありません。腰痛は、自分で治していくという気持ちも大切になりますよ♪詳しくは、腰痛対策におすすめの3つの方法を参考にされてくださいね♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレスの正しい選び方♪5つのポイントは?
高反発マットレスの良い口コミと悪い口コミは?
あなたの腰痛度をセルフチェック!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

人気記事ベスト5