このページの先頭へ

寒い冬の夜!マットレスは何が良い?

寒い冬の夜!マットレスは何が良い?

寒い冬の夜!どんなマットレスが温かいの?

寒い,マットレス

 

 

冬になると寒くて床に入るのもビクビクよ。寒い冬場はどんなマットレスが良いの?

 

 

 

 

温かいマットレスとは熱がこもりやすくて通気性の低いマットレスです♪ですから、夏に涼しいマットレスほど冬は寒いと考えてよいです(笑)。

 

 

マットレスの素材には以下の素材があります。上から順に保温性が高く、冬の夜も温かい寝心地となりますよ♪

 

 

  1. ラテックス素材
  2. 低反発ウレタン系素材
  3. ウレタン素材
  4. 高反発ウレタン系素材
  5. 綿(コットン)素材
  6. エアーブレス
  7. ポケットコイル
  8. ボンネルコイル

 

 

保温性の高い素材

ラテックスはゴムの木の樹脂で作られており、ゴムと同じような性質があるため、空気を通しにくくて保湿性が高い素材です。逆に夏は蒸れやすいです。ウレタン系素材も保湿性は高く冬もポカポカと温かくなります。

 

 

ラテックス素材

寒い,マットレス

 

 

ウレタン素材

寒い,マットレス

 

 

 

ただし、注意が必要なのはラッテクス素材やウレタン素材は保温性が高い反面、素材自体が熱に弱いという性質があります。そのため、電気敷き毛布や電気毛布、湯たんぽに直接素材が触れないようにした方が良いです。

 

 

マットレスの上にもう一枚布団などを敷いてから、湯たんぽなどを使うとよいと思いますよ♪電気毛布などは温まったらスイッチを切っても、マットレス自体の保温性が高いのでポカポカになりますよ♪

 

 

保温性の低い素材

保温性の低い素材にはエアーブレスやポケットコイル、ボンネルコイルなどがあります♪これらの素材は、マットレスの中に空気の層が入っているので、通気性が高い反面、マットレスの熱がどんどん逃げていきます

 

 

エアーブレス素材

寒い,マットレス

 

 

コイル素材

寒い,マットレス

 

 

また、エアーブレス素材については熱にとても弱いため、電気敷き毛布や電気毛布、湯たんぽは使用しない方が良いです。

 

 

暑い夏と寒い冬にバランスよく対応できる素材は綿(コットン)です。綿は日本人が昔から敷布団として使用しており、夏にも冬にもバランスよく対応できますよ♪敷き布団(綿)は夏は暑くて冬は寒い日本の気候にぴったりだったのですね(笑)

 

 

マットレスの素材ごとの特徴について興味がある方は、マットレスの素材別特徴と選び方を参考にどうぞ♪

 

 

 

寒い,マットレス

 

 

わざわざマットレスを変えたくないんだけど、他にも寒さを防ぐ対策はある

 

 

 

 

マットレスの上に毛布を敷くとポカポカ温かくなります♪シンプルですが効果抜群です♪

 

 

寒さを防ぐ対策としては、以下の方法があります♪

 

 

  • マットレスの上に毛布を敷く
  • 電気敷布団や湯たんぽを使用する
  • ベットフレームを使用する
  • マットレスを窓際から離す

 

 

毛布を敷いたり電気敷布団や湯たんぽの使用は言うまでもありませんね♪簡単で効果も抜群です♪

 

 

ベットフレームの使用については、眠る位置を高くすることに意味があります。冷たい空気は重たいため、床に留まりやすくなります。逆に暖かい空気は天井に留まりやすくなります。そのため、ベットフレームを使用して床面から離れるだけでも温かくなるのです。

 

 

寒い,マットレス

 

 

その際は、可能であればベットフレームの下に収納が入っているものがベストです♪収納なしの場合は寒い空気がベットフレームの下に留まりやすくなるため、底冷えしてしまいます。ベットフレームの下に空間がある場合は、何かを収納しておくのも良いかもしれませんね♪

 

 

また、冬の冷気は窓から入ってきます。そのため、室内の温度は窓際が一番寒くなります。マットレスを窓際から離したり、カーテンを厚くして冷気を遮断するのも効果的ですよ♪

 

 

マットレスには保湿性が高いものから寝心地が良いもの、腰痛に良いものなど様々な種類のものがあります♪私は寝ることが大好きで様々なマットレスを使ってみましたが、寝心地はそれぞれとっても異なります♪

 

 

マットレスの寝心地に興味がある方は寝ることが大好きな私の高反発マットレスのレビューを参考にどうぞ♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレスの正しい選び方♪5つのポイント!

腰痛対策なら高反発と低反発はどのマットレス?

高反発マットレスはなぜ人気なの?5つの理由

 

 

人気記事ベスト5