このページの先頭へ

妊婦のつらい腰痛は中反発マットレスですっきり!腰痛体験談

妊婦のつらい腰痛は中反発マットレスですっきり!腰痛体験談

妊婦のつらい腰痛はマットレスで対策!ぐっすり眠れるマットレスは?

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

妊娠中の腰痛がほんとに大変・・・。仰向けに寝るのもつらいわ。妊婦の腰痛にはどんなマットレスが良いの

 

 

 

 

私は妊娠中に7種類くらいのマットレスを試しました♪高反発マットレスから低反発マットレスまでありましたが、最もぐっすり眠れたのは中反発マットレスでした♪

 

 

妊娠中はホルモンバランスの変化によって骨盤の周りの靭帯が弛んで(お産の準備のため)腰痛が起こりやすくなります。また、お腹が大きくなることで姿勢のバランスが崩れたり、お腹をかばって腰に力がはいるため、妊婦は腰痛になりやすいのです。

 

 

私の場合は妊娠5か月くらいから腰の痛みが出てきました。最初は生理痛がひどくなったようなズーンと重い腰痛で、妊娠8カ月になると寝返りをするのも大変になりました。しまいには長い間同じ姿勢をすると骨盤がズレたような!?かなり強い腰痛に悩まされていました。

 

 

特に寝起きの腰痛はひどく、朝目覚めた瞬間から腰が痛くてつらいのです。そこでいろいろ考えてみるとマットレスが硬すぎるのではないかと思いました。私は硬めの寝心地が好きで、普段は高反発マットレスを使っています。

 

 

でも硬すぎて腰に負担がかかっていると思い、中反発マットレスや低反発マットレスなど様々な硬さのマットレスを使ってみました♪その結果、適度に柔らかい中反発のマットレスが腰に負担もかからずにぐっすりと眠れたのです♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

特に雲のやすらぎは寝心地が柔らかくてふわふわしているため、身体が包まれるような優しい寝心地でしたよ♪妊娠中の腰痛で悩んでいる方には、柔らかめのマットレスがおすすめです♪

 

 

また、私がマットレスの選び方で気を付けたことは3つありました♪

 

 

  1. 適度に柔らかい(中反発)
  2. 通気性が良いこと
  3. 赤ちゃんにも優しい

 

 

適度に柔らかい(中反発)

妊婦さんに高反発マットレスをおすすめする方もいましたが、私にはNGでした。私は普段、高反発マットレスで寝ていますが、妊婦が使うと硬すぎて腰が痛くなります。

 

 

妊婦になるとお腹が大きくなるにつれて腰にかかる負担が大きくなります。この時に高反発マットレスだと、お腹の重みが全部腰にかかる感じがして苦しいのです(涙)。お腹も伸ばされているようで張ってしまいますし、高反発マットレスは妊婦に合いません!

 

 

たとえば、お腹が大きくなった状態で畳の上に寝ているみたいです・・・。男性ならお腹の上にスイカを抱えて寝てみるとわかります。

 

 

ある程度柔らかいマットレスだと腰の部分が適度に沈み、負担がかからなくなります。お腹の中の赤ちゃんの重みを身体全体で支えることができます♪赤ちゃんも安心できるのではないかと思っています♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

ただし、柔らかければ柔らかいほど良いというものでもありませんでした。ソファーのように身体が沈み込み過ぎると、今度は寝返りが打ちにくくなります。妊婦にとって寝返りは普通の人の5倍大変です(笑)。身体が重いし腰が痛いので、なかなかスムーズに寝返りが打てないのです。柔らかすぎるマットレスも妊婦には合わないと思います。

 

 

また、中反発マットレスがおすすめの理由がもう一つあります。それは横になって眠りやすいということです。

 

 

妊婦は妊娠8か月を過ぎたあたりからは仰向けでは眠れません。お腹が苦し過ぎて無理です。それで横向きになって眠ることになります。これをシムスの体位と言うらしいのですが、これが一番楽に寝れます♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

ただ、このシムスの体位を高反発マットレスで行うとマットレスが硬いのでグラグラと安定しない感じがあります。その結果、ぐっすりとは眠りにくいのです。

 

 

逆に中反発マットレスくらいだと横になっても身体が適度に沈むので安心感があります。しっかりと身体を包んでくれているという安心感があってすごく落ち着く感じがしました♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

妊婦さんにおすすめのマットレスの硬さは、「適度に腰が沈んで心地よい」ことと「横になって眠りやすい」ということです♪つまり、中反発マットレスくらいの硬さが最適だと感じました♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

 

通気性が良いこと

妊婦になると体温が高くなります。寒がり&冷え性の人も暑がりになるくらいです(笑)。私の場合、妊娠してから夜が暑苦しくなってクーラーの設定温度を27℃から26℃に変更しました。旦那さんと子供たちは、「寒い・・・」と震えていますが、私にはそれでも暑いのです・・・。

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

ですから、妊婦には通気性の良いマットレスがおすすめです。マットレスの素材はウレタンが有名ですが、ウレタンは妊娠中は暑いのであまりおすすめできません

 

 

汗かいて蒸れるとすごく寝心地が悪くなります。

 

 

赤ちゃんにも優しい

マットレスは赤ちゃんが生まれた後も使います。ですから赤ちゃんにも優しい素材のものを選びたいです♪マットレスの中にはノミやダニを防止したり、有害物質含有量を専門機関に依頼して調べているものもあります。

 

 

そのようなマットレスであれば赤ちゃんも安心して使うことができます。

 

 

ついでに赤ちゃんってすごく体温が高くて、寝起きに汗びっしょりになります(笑)。ですから、赤ちゃんが眠るマットレスも通気性が良いものがいいと思いますよ♪
子供におすすめのマットレスは子供の睡眠の質と発育を高める!!高反発マットレスの意外な効果♪を参考にどうぞ♪

 

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

実際にどんなマットレスがおすすめ?

 

 

 

 

一番ぐっすりと眠れたのは雲のやすらぎでした♪

 

 

雲のやすらぎマットレス

雲のやすらぎはふわふわとした寝心地が最高です♪その名の通り雲のようなやすらぎ感?を味わえます(笑)。ふわふわと柔らかくて腰の負担も減りますし、朝もすっきりと起きられました♪

 

 

マットレスの厚さもあるので、身体を包まれているような感じがしてお腹にも負担がかかりません♪妊婦さんにも赤ちゃんにも優しいマットレスですよ♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

また、雲のやすらぎは横になっても安定感があってぐっすり眠れます♪腰痛持ちの妊婦さんにぴったりですよ♪

 

 

    腰痛対策に効果的な高反発マットレス徹底比較ランキング      腰痛対策に効果的な高反発マットレス徹底比較ランキング

 

 

モットンマットレス

次におすすめなのはモットンマットレスです。妊娠期間中でなければこれが最もおすすめなのですが、妊娠中だとモットンは硬いと感じました。モットンの上にシーツや敷布団を敷いて柔らかくして、出産後にモットンを使うというのはありかなと思います。

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

モットンは寝ている姿勢や寝返りがスムーズに行えるマットレスで赤ちゃんにもぴったりですよ

 

 

    腰痛対策に効果的な高反発マットレス徹底比較ランキング      妊婦,腰痛,マットレス

 

 

妊娠期間中はホルモンバランスが崩れて気持ちも不安定になりますし、身体も大きく変わるのでいろいろと大変。でももうすぐかわいい赤ちゃんに合えます♪あなたの身体をいたわって万全の状態で出産を迎えてくださいね♪

 

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

妊婦の腰痛を和らげる方法は他にもある?

 

 

 

 

正しい姿勢を身につけたり、骨盤ベルトを使ったり、ストレッチや軽い運動を行うことも効果的です♪

 

 

妊婦の腰痛対策はいろいろあります♪一般的に言われているものと似たような内容になっていますが、少しずつ注意点が異なりますよ♪

 

 

  • 正しい姿勢を身につける
  • 骨盤ベルトを着ける
  • ストレッチや軽い運動をする
  • 身体を温める

 

 

正しい姿勢を身につける

お腹が大きくなってくると腰が反ってしまいます。その結果、上半身を支えるために腰に大きな負担がかかります。

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

このような姿勢は腰に大きな負担がかかるため、姿勢を整える必要があります。3つのポイントを意識すると良いですよ♪

 

 

  1. 体重を足の裏全体にかける
  2. お尻をキュッとしめる
  3. 身体の力みをなるべく抜く

 

 

お腹が大きくなると踵重心となるため、重心は足の裏全体でバランスを取りましょう♪そして、お尻をしめると骨盤の傾きが改善されて腰の反りがやわらぎます。最後は余計な身体の力みを抜いて楽に立ちましょう♪

 

 

姿勢が整うと腰の痛みはとても楽になりますよ

 

 

骨盤ベルトを着ける

妊婦専用の骨盤ベルトは骨盤を安定させて腰に入る余計な緊張を和らげてくれます。注意点は妊婦専用の骨盤ベルトを使うようにしてください!間違って普通の骨盤ベルトや産後の骨盤ベルトを買うとお腹に負担がかかることもあるので注意ですよ。

 

 

妊婦用の骨盤ベルト最も人気で売れているのはトコちゃんベルトです。有名芸能人が妊娠を期に使うようになってから人気が出てきましたよ♪

 

 

 

 

ストレッチや軽い運動をする

妊婦にとって股関節が柔らかいかどうかはとても大切です♪股関節の柔軟性は腰痛だけでなく、出産のときの安産にもつながります。

 

 

股関節が柔軟な人ほど腰にかかる負担が減って、出産時も分娩台で楽に姿勢が作れます。身体は柔らかいに越したことはありませんよ♪

 

 

股関節のストレッチには以下のようなものがあります♪ゆっくりと曲げてリラックスしながらストレッチを行ってみてくださいね♪

 

 

マタニティピラティス(骨盤、体幹、股関節)14分46秒

 

 

また、股関節の柔軟性も大切ですがさらに大切なのは体重コントロールです。お医者さんに『太りすぎです』と言われてことのある人もいるかもしれません(笑)。私は『食べ過ぎ~』と言われましたが・・・(笑)。

 

 

体重をコントロールする方法としては食事はもちろんですが、散歩やウォーキングなども有効です。運動は健康にも良いですし、おなかの赤ちゃんの脳の成長を早くしたり、赤ちゃんの肥満を防止する効果もあるみたいですよ♪体調や時間が許す方はぜひ運動を取り入れてくださいね♪

 

 

ウォーキングは妊娠12週~臨月まで無理のない範囲で取り入れると良いですよ♪

 

 

身体を温める

妊娠中は体温が上がりますが、お腹が大きくなると血管が圧迫されて血行不良から冷え性になる方もいます。特に下半身は冷えやすくなる方も多いため、ひざ掛けや温かい靴下をはくことで冷えを予防して身体を温めてくださいね♪

 

 

また、妊娠中に腰が痛くなっても湿布薬や塗り薬を使う際は注意が必要です。湿布薬や塗り薬に含まれる消炎鎮痛剤は胎児に悪影響を及ぼしてしまうので、市販のものには妊娠中の使用は避けるように記載があるものもあります。使いたい場合は医師に相談してくださいね♪

 

 

まとめ

妊婦のつらい腰痛の中でも寝起きの腰痛が強い場合はマットレスを変えたり、タオルを敷いて柔らかい寝心地となるように調節してみてくださいね♪

 

 

他にも姿勢を正したり、骨盤ベルトを使用するなど様々な方法があります♪あなたに合った腰痛対策を行って、出産の不安が和らぐと良いですね♪可愛い赤ちゃんに会えるのももう少しです♪産後の準備などもいろいろありますが、ゆっくりゆっくり身体をいたわってくださいね♪

 

 

妊婦,腰痛,マットレス

 

 

注意点としては妊婦の腰痛の中には流産の兆候となって現れるものもあります。出血を伴ったり、お腹の張りが強かったり、あまりにも痛みが強い場合はやっぱり病院を受診することがおすすめですよ。

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

腰痛対策!!マットレスで腰痛対策ができるのはなぜ?

腰痛対策におすすめの3つの方法!

腰痛解決の新常識♪ためしてガッテンまとめ

 

人気記事ベスト5