このページの先頭へ

値段の安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

値段の安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

 

 

 

マットレスと言っても、値段は安いものから高いものまであります。ピンからキリまでという感じですが、値段の違いによって何が違うのでしょうか?

 

 

 

値段の安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

 

 

Q マットレスの価格の違いはいったい何なの?

 

 

 

 

 

 

マットレスはそれこそ数千円の物から数十万円のものまで、幅広い価格帯のものがあります。基本的には、価格の違いによっては耐久性寝心地に大きな差が出てきます。

 

 

耐久性

耐久性にはかなりの差が出てきます。例えば、ウレタン素材のマットレスは、価格によって耐久年数が大きく異なります

 

 

  • 2,000円~10,000円 ⇒ 1年くらいでヘタる
  • 10,000円~15,000円 ⇒ 耐久性は3年くらい
  • 15,000円~40,000円 ⇒ 耐久性は5年~10年
  • 40,000円~200,000円 ⇒ 耐久性は20年

 

 

このような耐久性の違いは、マットレスの機能を十分に発揮するためにとても大切です♪どんなに腰痛対策に良く、高品質なマットレスでもヘタってしまうと機能を発揮できません。それどころか腰痛が悪化してしまう可能性もあります・・・。

 

 

コストパフォーマンスとして最も良いのは、価格帯が15,000円~40,000円で耐久性が5年~10年あるマットレスかもしれませんね♪

 

 

寝心地

寝心地はメーカーやブランドによっても大きく異なりますが、同じメーカならやはり価格の高いマットレスの方が寝心地は良くなります。ただし、寝心地に関しては、値段で見るよりもメーカーをしっかりと検討した方が良いです。

 

 

また、メーカーによっては、高価なマットレスと安価なマットレスの中身がほとんど変わらないものもあります。安価なマットレスの綿を増やしてカバーを変えただけで、50,000~100,000万円も変わっている場合があるのです。

 

 

 

値段の安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

 

 

 

ちなみに高いマットレスほどふかふかした寝心地となります。ただし、これは低反発マットレスのように、腰が沈み込んだような寝心地とは異なります。身体全体がしっかりと支えられているんだけど、ふかふかで気持ち良いというものです♪

 

 

まあ寝心地については、個人差も大きいので実際は使ってみないとわからないですよね♪

 

 

 

 

値段の安いマットレスと高いマットレス!値段の違いで何が変わる?

 

Q どのくらいの価格帯のものがおすすめなの?

 

 

 

 

 

 

 

マットレスの価格帯でおすすめなものは、15,000円~40,000円くらいのマットレスです。10,000円以下のマットレスは耐久性が低くて、コストパフォーマンスが悪いので、「寝心地が気に入ったから、毎年変えても良い!」という人以外にはおすすめできません・・・。

 

 

また、100,000円以上のマットレスもオーバースペックじゃないかと思います(笑)。メーカーによっては、100,000円以上のマットレスでも、実は50,000円のものとほとんど違いがないということもあります。綿の量が増えて、生地が少し良くなったからといって、価格が跳ね上がるのは微妙です。

 

 

そして、個人的には同じマットレスを20年も使うのは衛生面で嫌なので(笑)、15,000円~40,000円のものを10年くらいで取り換えていきたいという気持ちです♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレスの良い口コミと悪い口コミは?
高反発マットレスの正しい選び方♪5つのポイント!!
ニトリの高反発マットレスはおすすめ?メリットとデメリットは?

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

人気記事ベスト5