このページの先頭へ

腰痛対策マットレス人気ランキング【快眠生活】 - 高反発から低反発まで

高反発マットレスの正しい使い方は?重ねても良いの?

高反発マットレスの正しい使い方は?重ねても良いの?

高反発マットレス,使い方

 

 

高反発マットレスって使い方がよくわからない!ベットマットレスや敷布団に重ねて使っても良いの

 

 

 

 

高反発マットレスは重ね使いNGのものとOKのものがあります。基本的にはマットレスの厚さが厚いタイプ(10cm以上)は重ねない方が良くて、薄いタイプ(8cm以下)は重ねても大丈夫です。

 

 

高反発マットレスは単独で使うように設計されているものと、重ねて使うように設計されているものがあります。また、条件によっても重ねて使わない方がよい場合があります。

 

 

高反発マットレス重ね使いNG

特に以下の4つの場合は重ねて使わない方がおすすめです。重ねて使うことで寝心地が悪くなったり、すぐにヘタレてしまうこともあるからです。

 

 

  • 高反発マットレスの厚さが10cm以上ある
  • 体重の重い方が使用する
  • 低反発マットレスの上に敷く
  • ヘタれたマットレスの上に敷く

 

 

高反発マットレスの厚さが10cm以上ある

厚さが10cm以上ある高反発マットレスは、重ねて使わなくても良いように設計されています。そのため、単独で使う方が寝心地が良くなります♪逆に重ねて使うと湿気がとどまりやすく、カビが発生したり、寝心地が変わって腰が沈みやすくなります

 

 

古いマットレスを捨てるのは大変ですが、高反発マットレスが10cm以上の厚さであれば単独で使うのがおすすめです。ただし、後で説明しますが高反発マットレスが硬すぎると感じる場合は柔らかい寝心地にするために重ねても良いですよ♪マットレスは寝心地が良いのが一番ですからね♪

 

 

古いマットレスの処分の仕方についてはマットレスの処分はどうするの?5つの方法を紹介します♪を参考にどうぞ♪

 

 

体重の重い方が使用する

体重の重い男性の場合、高反発マットレスでも腰の部分が沈んでしまうことがあります。腰が沈んでしまうと姿勢が歪んで腰痛の原因になりますが、そのようなマットレスは重ねることでさらに腰が沈みが強くなります

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

高反発マットレスが柔らかすぎて腰が沈む感じがあるという人は重ねない方が良ですよ。

 

 

高反発マットレスは体重に合った硬さのものを選ぶことで腰痛も和らいですっきりします♪詳しくは腰痛に効果的なマットレスの硬さは?を参考にどうぞ♪

 

 

低反発マットレスの上に敷く

低反発マットレスは体重を分散させて身体にかかる負担を和らげてくれます♪ふかふかに柔らかいソファーをイメージするとわかりやすいのですが、このようなマットレスの上に高反発マットレスを敷くと、腰や背中の部分が沈みやすくなります。

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

低反発マットレスのように柔らかいマットレスの上に重ねることはおすすめしません

 

 

低反発マットレスと高反発マットレスの違いについては腰痛対策に効果的なマットレスは?高反発と低反発を徹底比較!を参考にどうぞ。

 

 

ヘタれたマットレスの上に敷く

もともと腰の部分がヘタレて沈んでいるようなマットレスや敷布団の上に高反発マットレスを敷くと高反発マットレスまで歪んでしまいます。また、マットレスや敷布団がボコボコであったり、折り目が付いている場合も重ねると寝心地が変わってきます。

 

 

もし下に敷くマットレスが歪んでいる場合は、試しに裏返してみましょう。裏返しにするとヘタレていないこともありますが、ヘタれたマットレスを長期間使うことはおすすめしません。

 

 

高反発マットレス重ね使いOK

高反発マットレスの中には重ねることで機能を発揮できるものもあります。

 

 

  • 高反発マットレスの厚さが8cm以下
  • 体重の軽い方が使用する
  • 下に敷くマットレスや敷布団が硬い
  • 高反発マットレスだけでは寒い

 

 

高反発マットレスの厚さが8cm以下

高反発マットレスの厚さが8cm以下のものは重ねて使うように設計されているものが多いです。特に3~5cmの高反発マットレスは、重ねて使わないと腰の部分に底付き感(腰が床に当たっている感じ)が出るので、重ねて使うことがおすすめです。

 

 

プロテニスプレーヤーの錦織圭選手や元フィギュアスケート選手の浅田真央さんが愛用していたエアウィーヴなどは重ねて使うタイプの高反発マットレスですよ♪

 

 

体重の重い方が使用する

体重の軽い方の場合、高反発マットレスだと硬すぎて寝心地が悪くなることもあります。体重の軽い方は重ねることで寝心地を調整することができますよ。

 

 

たとえば、普通のマットレスや敷布団の上に高反発マットレスを敷くと、単独で使うよりも寝心地が柔らかくなるので体重が軽い方にもぴったりです♪

 

 

下に敷くマットレスや敷布団が硬い

下に敷くマットレスがもともと高反発マットレスで硬いときは、その上に高反発マットレスを敷いても問題ありません。寝心地は多少変わりますが、大きく異なるということはないです。

 

 

高反発マットレスを2つ持っているという方であれば、試しに単独で使った時と重ねて使ったときのどちらが寝心地良く感じるかを比べてみてもいいかもしれませんね♪

 

 

高反発マットレスだけでは寒い

高反発マットレスは通気性が良いものが多いです。そのため、冬場は寒く感じる人もいます。特に床に直接高反発マットレスを敷くと寒く感じます。

 

 

そのようなときはマットレスを重ねて使うことで保温効果が得られます♪これで寝心地が落ちる場合は良くないのですが、寝心地良いと感じる場合は重ねることで寒さ対策ができますよ♪

 

 

また、高反発マットレスやベットパット、シーツには重ねる順番があります♪重ねる順番によっても寝心地は変わってきますよ♪

 

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

高反発マットレスやベットパットやシーツはどの順番が良いの

 

 

 

 

一般的には下から除湿シート、ベットマットレス、高反発マットレス、ベットパット、シーツ、敷きパッドの順で重ねます。これらを全て使っている人は稀だと思いますが、それぞれに役割りがありますよ♪

 

 

ほとんどのマットレスは洗うことができません。そのため、汚れを防止したり肌触りを良くするためにシーツやベットパットがあります。

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

それぞれに役割りがあるため、正しい順番で使う必要があります♪

 

 

  1. 敷きパッド
  2. シーツ
  3. ベットパット
  4. 高反発マットレス
  5. ベットマットレス
  6. 除湿シート

 

 

敷きパッド

敷きパッドは肌に直接触れるため、寝心地に大きく影響します♪肌触りが良くて汗をすぐに吸収&乾燥さてくれるものを選びましょう♪

 

 

また、夏はヒンヤリとした涼しいタイプの敷きパッド、冬はぽかぽかと保温性の高い敷きパットを使うことでぐっすりと眠れるようになりますよ♪

 

 

シーツ

敷きパッドを使わない人はシーツが一番上にくると思います。シーツは敷きパッドと比べると肌触りや涼しさ、保温性、汚れの防止などは落ちますが、かさばらないため洗濯しやすくて乾くのも早いですよ♪

 

 

シーツも敷きパッドと同様に肌触りが良くて汗を吸収、速乾してくれるものを選びましょう♪最近は消臭効果のあるものもありますよ♪

 

 

ベットパット

ベッドパッドには2種類のものがあります♪汗を吸収してマットレスの汚れを防止するタイプのものと、寝心地を調整するタイプのものです。

 

 

  • 汗取りタイプ
  • 寝心地調整タイプ

 

 

汗取りタイプ

私たちは1晩で200ml(コップ1杯分)の汗をかきます。その他にも皮膚からは皮脂や垢などの汚れも出てきます。そのため、敷きパッドやシーツだけではカバーできない汚れを防ぐのが汗取りタイプのベットパットです。マットレスほしっかり保護したい場合は、汗取りタイプのベットパットを使うと良いですよ♪

 

 

寝心地調整タイプ

マットレスが硬かったり、柔らかい場合に寝心地を調節するためのベットパットです。実は高反発マットレスの中でも厚さが3~5cmのものはこの寝心地調整タイプのベットパットと同じ役割になります。ですから、薄めの高反発マットレスであれば重ねて使った方が良い場合もあるのです♪

 

 

高反発マットレス

薄め(8cm以下)の高反発マットレスであれば、ベットマットレスの上に敷くと良いでしょう♪厚め(10cm以上)の高反発マットレスであれば、ベットマットレスを抜いて使うことが基本になります。

 

 

ただし、寝心地悪く感じる場合はマットレスを重ねてみたり、タオルを敷いてみたりと工夫をしてみてくださいね♪

 

 

ベットマットレス

ベットマットレスが寝ているときに身体を支えてくれるものになります。身体をしっかりと支える高反発タイプのものから、身体を柔らかく包むように支える低反発タイプのものまで様々な種類のマットレスがあります♪寝心地や睡眠の質を左右する大切なものであるため、自分に合ったものを選びましょう

 

 

高反発マットレスの選び方については高反発マットレスの選び方は?5つのポイントをチェック!を参考にどうぞ♪

 

 

除湿シート

マットレスの底には湿気がとどまりやすいものです。特に梅雨の時期やフローリングに直接マットレスを敷いている場合は、マットレスの底が結露で濡れてしまいます。そのまま使い続けるとカビの発生原因となってしまいます。

 

 

カビたマットレスの上に寝るなんて気持ちが悪すぎます・・・。カビや湿気を抑えるためには除湿シートが効果的です。他にもスノコを敷いてみたり、ベットフレームを使用するなどの方法で除湿することができますよ♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

高反発マットレスは使い方次第で寝心地が変わってきます♪また、高反発マットレスの中にも寝心地を重視したものから腰痛対策になるものまで様々な種類のものがあります♪

 

 

あなたとマットレスの相性が良ければぐっすり眠れて疲れも吹き飛びますよ♪熟睡できてすっきり目覚めるマットレスを選べると良いですね♪

 

 

高反発マットレスの選び方については高反発マットレスの選び方は?5つのポイントをチェック!を参考にどうぞ♪

 

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

具体的にはどんなマットレスだと重ねても良くて、どんなマットレスは重ねるとダメなの?

 

 

 

 

私は様々なマットレスを使いましたが、やはり薄い(厚さ10cm)マットレスは重ねた方が気持ちよく眠れます♪

 

 

私が使ったマットレスの使い方を紹介しますね♪重ねても良いものと重ねない方が良いものがありますよ♪

 

 

高反発マットレスの種類別の使い方

モットン→重ね使いOK

日本人の体格を研究して開発された腰痛対策専用の高反発マットレスです♪マットレスの厚さは10cmですが、厚すぎることはないため重ねて使うこともできますよ

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくはモットンを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

マニフレックス→重ね使いNG

イタリア産の高反発マットレスで体格の良い男性に人気があります。マットレスの厚さは16cmで素材も蒸れやすいため、重ねて使わない方が良いですよ♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくはマニフレックスを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

スリープマジック→重ね使いNG

高反発マットレスの中でもかなり硬めのマットレスです♪体格の良いスポーツ選手に人気で通気性も抜群です♪マットレスの厚さは12cmですので重ねて使わない方が良いですよ♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくはスリープマジックを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

雲のやすらぎ→重ね使いNG

寝心地が良く雲の上のふわふわ感を体験できる高反発マットレスです(笑)。寝心地重視の人に人気です♪マットレスの厚さは17cmで柔らかい寝心地であるため、重ねて使わない方が良いですよ♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくは雲のやすらぎを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

39デザインマットレス→重ね使い必須

肌触りがやわらかくて気持ちよいマットレスです。プニプニした寝心地が癖になります(笑)♪マットレスの厚さは5.5cmと薄くて柔らかいため、他のマットレスや敷布団の上に敷いて使用した方が寝心地良くなりますよ

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくは39デザインマットレスを辛口評価!効果と寝心地、口コミを徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

エアウィーヴ→重ね使い必須

通気性が抜群に良くて気持ちよく眠ることのできる高反発マットレスです♪マットレスの厚さは5cmと薄いため、他のマットレスや敷布団の上に敷いて寝るのがおすすめです♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくはエアウィーヴを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

トゥルースリーパー→重ね使いOK

低反発マットレスの中で最も人気の高いマットレスです♪マットレスの厚さは5cmと薄いため、他のマットレスや敷布団の上に敷いて寝るのがおすすめです♪

 

 

高反発マットレス,使い方

 

 

詳しくはトゥルースリーパーを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレスは重ねて使うと寝心地が変わるものが多いです♪そのため、最後はあなた自身の寝心地が良いかどうかで決めると良いですよ♪あなたの身体の感覚に合うような使い方をされてみてくださいね♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

高反発マットレス選び方♪5つのポイントは?

腰痛解決の新常識♪ためしてガッテンまとめ

 

 

人気記事ベスト5