このページの先頭へ

腰痛対策マットレス人気ランキング【快眠生活】 - 高反発から低反発まで

直置きにおすすめのマットレスは?畳やフローリングにも!

直置きにおすすめのマットレスは?畳やフローリングにも!

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

部屋を広く使いたいし、おしゃれだからマットレスを直置きしたいわ。直置きにおすすめのマットレスはあるの?

 

 

 

 

直置きに適したマットレスは厚くて通気性が良く、折りたたみできるものがベストです。

 

 

私は子供が4名いてベットフレームを使う場所がないのでマットレスを直置きしています。実際に直置きしてみると直置きに適したマットレスには3つのポイントがあります。

 

 

  • 通気性が良い
  • 折りたたみできる
  • マットレスの厚さが10cm以上

 

 

通気性が良い

通常、ベットフレームにマットレスを敷くとベットフレームの底の空気の層が通気性を高めて蒸れを防いでくれます。しかし、マットレスをフローリングに直置きする場合は空気の層がないうえに、床とマットレスの温度差で結露ができてしまいます。そのまま使い続けるとカビの原因にもなります・・・。

 

 

ですから直置きする場合は通気性の高いマットレスを選ぶことがおすすめですよ。

 

 

折りたたみできる

部屋を広く使いたいときって折りたたみできるマットレスはとても便利です。特に厚さが10cm以上あるマットレスは折りたたみがとても大変ですし、重いので移動も大変です(笑)。

 

 

マットレスは折りたたむことで底に溜まった湿気を飛ばすことができますし、衛生的にも良いですよ。折りたたみマットレスに興味がある方は折りたたみマットレスはおすすめ?メリットとデメリットは?を参考にどうぞ。

 

 

マットレスの厚さが10cm以上

10cm以上の厚いマットレスは畳やフローリングに直置きしても腰に負担がかかりません。逆に10cm以下の薄いマットレスは直置きすると腰に底付き感を感じます。腰が畳やフローリングの床に当たっているような違和感があるのです。

 

 

ペッタンコになった薄い敷布団の上で寝ると、腰に負担がかかるような感じをイメージするとわかりやすいです。直置きする場合は厚めのマットレスがおすすめですよ。

 

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

マットレス直置きの注意点はあるの

 

 

 

 

マットレスを直置きする時に最も大切なポイントは結露対策です。

 

 

特に冬の寒い日は床が冷たいのにマットレスは体温で温かくなります。すると温度差によって結露が発生し、朝起きた時にマットレスの底がびしょびしょに濡れていることもあります・・・。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

ですからマットレスを直置きする場合は結露対策が必要です。結露対策には3つの方法が有効ですよ。

 

 

  • スノコを敷く
  • 除湿シートを敷く
  • アルミシートを敷く

 

 

スノコを敷く

結露を防ぐコツとしてスノコを敷くという方法があります。冬場は通気性が高まって少し冷えますが、結露にはかなり効果的です。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

ただし、フローリングの床にスノコを敷くと床が傷ついてしまいます・・・。スノコの下にアルミシートや絨毯などを敷くと良いですよ。

 

 

除湿シートを敷く

除湿シートは湿気をぐんぐん吸収して結露やカビの発生を抑えてくれます。たとえば、除湿シートで有名な西川除湿シートは、楽天ランキングのベッドパットとして上位常連の人気商品ですよ。

 

 

 

 

アルミシートを敷く

アルミシートは断熱性が高いため、マットレスと床の温度差を遮断して結露が発生しにくくなります。断熱効果が高いため、寒い冬場はマットレスの熱も逃げずにおすすめです。逆に夏場は熱が逃げずにマットレスが蒸れてしまいます。

 

 

 

 

マットレスを直置きする際は結露対策を行ってくださいね。

 

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

直置きするためにおすすめのマットレスはあるの?

 

 

 

 

私はスリープマジックという高反発マットレスを使っています。スポーツ選手に人気のマットレスですが、寝心地が良い上に通気性が高く、折りたためるので便利です。

 

 

スリープマジックは厚さが12cmあってマットレスの生地もメッシュなので通気性も良いです。さらに折り畳みができるのでとても助かっています。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

上の写真は見栄え良く撮りたかったのでベットフレームの上で撮影しました(笑)。実際にはカバーをかけてフローリングの上に置いて使っています。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

それで片づける時はこうやって。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

こうです!とても簡単です。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

マットレスの直置きは部屋のスペースを有効に活用するのに便利です。特に一人暮らしの若者や子供が多い家族におすすめですよ。

 

 

私は一人暮らしの時に友達が遊びに来ると部屋が狭くなって大変でした。マットレスを直置きしているとスペースが作りやすくなりますし、何よりもポテチをマットレスの上で食べる友達から守ることが出来ます(笑)。何度怒っても聞かない友達がいて・・・。

 

 

また、子供が多いとベットフレームを使うのは大変です。私は4人の子供がいるのですがマットレスはセミダブル2つにシングル2つを使っています。そこまで多くのベッドフレームは場所的に使えないので、マットレス3つは直置きしています。

 

 

ちなみに折りたためるマットレスは子供がおねしょをしたときに移動が楽で干しやすいです(笑)。

 

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

マットレスの直置きとベットフレームを使うのって違いがあるの

 

 

 

 

ベットフレームを使う方が通気性が良く、寒さやほこり対策にもなります

 

 

マットレスを直置きする最大のメリットは片づけやすいことです。部屋を広く使いたいときにベットフレームがあると片づけることができないので部屋が狭くなります。

 

 

一方で、ベットフレームを使うメリットも多くあります。特に3つのメリットが大きいですね。

 

 

  • 通気性が良くなる
  • 寒さ対策になる
  • ほこり対策になる

 

 

通気性が良くなる

先ほど紹介したようにベットフレームの底に空気があると通気性は高まります

 

 

寒さ対策になる

冬場になると室内の寒い空気は低いところに留まります。また、床は冷えるので床に近ければ近いほど寒くなります。

 

 

ベットフレームを使うと床から40cm以上は高くなりますので、冷たい空気から離れて底冷えを防ぐことができますよ

 

 

ほこり対策になる

ほこりが舞い上がる密度が最も高いのは床から30cm以内のところです。ベットフレームを使うことでほこりを吸いにくくなります。

 

 

私は赤ちゃんがほこり(ハウスダスト)を吸うのはアレルギーとかが気になります。なのでベットフレームは赤ちゃんと私が使用しています(笑)。旦那さんと大きい子供たちはまあ大丈夫でしょう(笑)。

 

 

このように一般的にはベットフレームを使うと睡眠環境が良くなります。ただし、部屋を広く使えるのも心地が良いことなので、あなたの生活スタイルに合ったタイプの睡眠環境にすると良いと思いますよ。

 

 

また、直置きに合ったマットレスには以下のものがあります。興味があれば参考にどうぞ。

 

 

スリープマジック

スリープマジックは厚さ12cmでアスリートのために開発された高反発マットレスです。寝心地が良くて折りたたみもできるので直置きにぴったりですよ。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

詳しくはスリープマジックを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を見てくださいね。

 

 

マニフレックス

マニフレックスは厚さ16cmでスポーツ選手に人気が高い高反発マットレスです。スリープマジックより少し柔らかい寝心地で通気性が落ちます。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

詳しくはマニフレックスを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を見てくださいね。

 

 

雲のやすらぎ

雲のやすらぎは厚さ17cmでふわふわの柔らかい寝心地が特徴です。寝心地と通気性が良いため寝つきの悪い方におすすめですよ。

 

 

直置き,マットレス,おすすめ

 

 

詳しくは雲のやすらぎを辛口評価!効果と寝心地、口コミ、最安値を徹底調査を見てくださいね。

 

 

関連記事はこちらです。

 

 

高反発マットレスはなぜ人気なの?

高反発マットレスの良い口コミと悪い口コミは?

 

 

シェアしていただけると嬉しいです♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

人気記事ベスト5

第1位腰痛をすっきり解消!高反発マットレス選び方は?
第2位高反発マットレスでなぜ腰痛対策できるの?
第3位腰痛対策に効果的なマットレスは?高反発と低反発を徹底比較!
第4位高反発マットレスの良い口コミと悪い口コミは?使用者が語る評判
第5位ためしてガッテンでわかった最新の腰痛治療!