このページの先頭へ

布団をベッドマットレスに変えたら合わなかった・・・。対処法は?

布団をベッドマットレスに変えたら合わなかった・・・。対処法は?

布団をベッドマットレスに変えたら合わなかった・・・。対処法は?

布団,ベッドマットレス,変えた,合わない

 

 

布団からベッドマットレスに変えたけど、なんだか疲れが取れにくくて合わないわ。ベッドマットレスを買い替えた方が良いのかな?

 

 

 

 

布団からベッドマットレスに買い換えたけど合わないという人は意外と多いです。ベッドマットレスは布団よりも柔らかいので身体が沈んで疲れやすいのです

 

 

ベッドマットレスは布団と比べると柔らかくて身体が沈みやすくなります。

 

 

布団,ベッドマットレス,変えた,合わない

 

 

身体がベッドマットレスに沈むと寝ている姿勢は歪んで身体もこわばってしまいます。さらに寝返りも打ちにくくて血流も停滞してしまうため、身体の疲れが取れにくくなるのです。

 

 

特に寝心地の硬い布団から柔らかいベットマットレスに変えたという方の中には「朝になると首と肩がだるくなる。」という方も多く、マットレスが合わないと実感している方もいます。

 

 

このような寝心地の悪いベッドマットレスで眠り続けると腰痛になる方もいるため注意が必要ですよ。東大の医師も柔らかいマットレスは身体に良くないと話しているくらいです。

 

 

布団,ベッドマットレス,変えた,合わない

 

 

布団をベッドマットレスに変えたら合わなかったという方の中には、ベッドマットレスの上にべニア板を敷いて硬くしてから寝ているという人もいますよ。

 

 

 

布団,ベッドマットレス,変えた,合わない

 

 

布団に戻すのも多変だし、ベッドマットレスを使いたいけど対処法はある?

 

 

 

 

最も早いのは依然寝ていた布団と同じくらいの硬さの高反発マットレスに変えることです。

 

 

マットレスの寝心地を硬くするためにはいろいろな方法があります。

 

 

  • 高反発マットレスに買い換える
  • ベニヤ板を敷く
  • 硬めのベッドパッドを敷く

 

 

最も早いのは布団のように硬めの寝心地の高反発マットレスを使うことです。高反発マットレスはスポーツ選手がコンディションを整えるために使っていましたが最近は睡眠の質を上げたいという人に人気があります

 

 

また、ベッドマットレスの上にベニヤ板や硬めのベッドパットを敷くことでも寝心地を改善することができますよ。どちらにしろ、柔らかすぎて寝心地が悪いという方は何かしらの対策を行う方が良いです。睡眠の質が悪いと本当に疲れも取れにくくなりますからね。

 

 

関連記事はこちらです♪

 

 

高反発マットレス選び方♪5つのポイントは?

高反発マットレスをおすすめする5つの理由

ニトリの高反発マットレスのメリット・デメリットは?

 

人気記事ベスト5