あなたの腰痛度をチェック!あなたの腰痛強度はどのくらい?

あなたの腰痛度をチェック!

 

 

 

腰痛で腰が痛い・・・という人でも痛みの強度や質はかなり異なります。強い痛みから弱い痛みまで様々なレベルがありますし、1日の中でも腰痛は変わります。腰痛持ちは、自分の痛みがどのくらいのものか知ることで、生活の中で腰痛対策ができるようになりますよ♪

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

Q さっそく腰痛度チェックお願いね!

 

 

 

 

 

 

それでは早速チェックしてみましょう。
以下の質問にYes、Noで答えてみてください♪
いくつYesが当てはまるかチェックしてみましょう。

 

 

  1. 食生活は不規則である
  2. 運動不足である
  3. 重いものをよく持つ
  4. 長時間同じ姿勢でいる(デスクワークなど)
  5. 朝起きると腰が重い、または痛い
  6. ぎっくり腰になったことがある
  7. 身体が硬い
  8. ストレスを感じることが多い
  9. 猫背や腰反りなど姿勢の歪みがある
  10. 生活の中で腰を気にすることが多い
  11. 肥満、または太りぎみである
  12. 腰痛がひどくならないか不安がある
  13. 腰痛が5年以上続いている
  14. 腰の痛みで長く歩けない
  15. 足腰に力が入りにくい
  16. 脚やお尻に痺れがある

 

 

Yesはいくつありましたか?

 

 

腰痛度チェック:1〜4個

腰痛は軽度です。
日常生活の中で、長時間立ったり、腰を使う作業を行ったときに腰痛が出る程度ではないでしょうか?もしくはほとんど腰痛は出ない方かもしれませんね♪

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

 

腰痛が気になるようでしたら、軽い運動やストレッチ、姿勢を意識したり、マットレスや椅子などの環境を少し変えるだけで解消すると思いますよ♪

 

 

腰痛度チェック:5〜8個

腰痛は中度です。
腰痛で日常生活が制限されるほどではありませんが、腰の重みや痛みが気になるという感じではないでしょうか?腰を使う動作をすると、痛みが強くなったり、運動を行った次の日は腰痛が強くなるという方もいます。

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

 

可能であれば、腰痛予防のために腰痛体操を行ったり、マットレスや椅子などの環境を整えることで、腰痛の悪化を防ぐことができます。

 

 

腰痛度チェック:9〜12個

腰痛は強度です。
腰の痛みで外出やスポーツを控えるなど、日常生活に制限が出てくる段階です。好きなことややりたいことがあっても、そこに気持ちが向かいにくくなるほど、腰痛に悩まされているのではないでしょうか?なるべく早く対処していく必要があります。

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

 

腰痛対策としては、自分で腰痛改善体操を続けるだけでなく、整体や病院に通って治療が必要だと思います。また、朝起きたときに腰痛があるようであれば、マットレスを変えることも考えた方が良いです。

 

 

このくらいの腰痛になってくると、日常生活の中で腰の痛みを考えない日はないというくらい、頭の中が腰痛に脅かされてしまいます・・・。特に、このような状態が長く続くと、頭が腰の痛みを記憶してしまいます。

 

 

腰痛なんて怖くない!と思えるように、様々な腰痛対策を行ってください。特に大切なのは、腰のことを不安に思って使わないのではなく、自分自身の趣味や楽しいことも大切にしながら、動ける分は動いていくことが大切です♪

 

 

腰痛度チェック:13〜16個

腰痛はかなり強度です。
日常生活に大きな支障が生じてくる段階です。もし、病院に通っていないのであれば、まずは原因を究明することが必要です。特に「足腰に力が入りにくい」や「脚やお尻に痺れがある」という方は、腰部の神経までダメージを受けているレベルです。早急に病院受診をするとともに、入院や手術を行わなければならない可能性もあります。

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

 

しびれや麻痺などの症状が出ている段階であれば、入院やリハビリを含めてのアプローチが必要です。腰痛体操についても、痛くて自分ではできない方が多いので、少しづつできることからやっていく必要があります。

 

 

ただし、必要以上に腰痛に不安を感じたり、将来どうなるの?と考える必要はありません!かなり強度の腰痛や10年以上も続く腰痛持ちでも、正しく腰痛体操を行い、環境を整えることで腰痛は改善されてきます♪

 

 

腰痛チェック度のまとめ

ぎっくり腰を除いた腰痛は、長年をかけて強くなっていくものです。それは脳が次第に痛みを記憶したり、姿勢のくせが強化されたり、腰の緊張が慢性化することによって起こるものです。

 

 

ですので、腰に違和感や疲れ、痛みを感じた場合は、早い段階から対策を行うのが良いですよ♪

 

 

 

 

腰痛度,チェック,腰痛強度

 

 

Q 腰痛対策としては
         どんなものがあるの?

 

 

 

 

 

 

腰痛に対策する方法は様々なありますが、詳しく述べるとかなりの文字量になってしまうので、ここでは簡単に紹介しますね(笑)。
腰痛対策としては主に3つのものがあります。

 

 

  • 身体の使い方を変える
  • 整体師やマッサージを使う
  • 環境を変える

 

 

身体の使い方を変える

まずは腰痛体操やストレッチ、運動、姿勢を意識するなど、自分で身体を変える必要があります。腰痛は長い間積み重ねてきた、自分自身の身体の使い方や日常生活のストレスなどが原因として起こります。

 

 

身体の使い方には、動作だけでなく日常生活での考え方まで現れますので、自分の生活スタイルを振り返ることも大切です。自分の楽しいことや好きなことを大切にすることでも、身体の使い方は変わってきますよ♪

 

 

整体師やマッサージを使う

例えば、腰の緊張や姿勢の歪みを整体師によって変えてもらうこともできます。ただし、この場合は対処療法の域を出ません。自分で自分の身体の使い方を変えたわけではないので、すぐに元通りになります。

 

 

環境を変える

どんなに身体の使い方が改善されても、マットレスなどの環境が悪いと腰痛は治りにくくなります。1日の3分の1である睡眠中に、姿勢が崩れると腰に負担がかかるのは避けられません。

 

 

環境を整えることは、簡単かつすぐにできるので、マットレスが合わないと感じる人はぜひ行ってくださいね♪

 

 

まずは、あなたに合った腰痛対策からぜひ実践してみてくださいね♪腰痛対策についてより詳しく調べたいという方は腰痛対策におすすめの3つの方法!腰痛は自分、環境、他人で治すを参考にどうぞ♪

 

 

関連記事はこちらです♪参考にどうぞ♪

 

 

腰痛対策に効果的な高反発マットレスランキング!!
腰痛が起こる本当の原因は?腰痛対策の考え方
腰痛対策!!マットレスで腰痛対策ができるのはなぜ?
腰痛対策におすすめの3つの方法!自分、環境、他人
腰痛解決の新常識♪ためしてガッテンまとめ

 

人気記事ベスト5